吉村農場のこだわり

種まきに使用する種もみについて

4月の初旬に種まきをして、田植えまでの約1ヶ月間ハウスの中で苗を育てます。そのときに使う種もみは、種子用に特別栽培されたものを使用します。
自家採取ではなく、種子専用の種もみを使うことによって、毎年純粋で健康なコシヒカリを作ることができるのです。

精米にもこだわってます

通常、精米時間の短縮を目的に、一回の工程で白米にしますが、当農場では、時間はかかりますが、白米にするまでの工程を二回に分けて行っています。
食味低下の原因である精米時の熱を、できるだけお米にかけないようにするためです。
玄米は、常に少しずつ変化していいます。その時の玄米の状態に合った精米白度に調節し、食味を最大に堪能してもらえるよう心がけています

お米の品質検査もおこなっています

新潟県食糧事務所の検査官によって、お米の品質検査が行われます。
全ての米袋から少しずつお米を抽出し、お米の透通り具合、粒の大きさ、形、重さなどを調べます。当農場のコシヒカリは毎年このような検査を受けて皆様にお届けしています。

※この検査は、お米の外見を判断するものであり、食味の高さを判定するものではありません。